交通誘導警備ならお任せください

名古屋 愛知 警備員 募集 求人

一般道路での工事現場、特に片側通行を伴う工事では、交通誘導警備員による誘導が必要となります。直線道路で見通しがよければ、警備員ガードマン1人でも交通誘導できますが、見通しの悪い現場やカーブでの工事、曲がり角を挟んでの工事は2人以上の警備員ガードマンが必要となります。作業をしながらの交通誘導は大変な負担となりますので、作業員ではなく交通誘導警備員ガードマンの配置がもとめられます。交通誘導警備は、現場車両の出入り、一般車両の誘導、歩行者の誘導が必要です。時に危険を伴いますので、しっかりとした服装と誘導道具、交通知識がもとめられます。一般車両のドライバーは、常識的な運転をする人ばかりではなく、交通誘導警備を無視して通行しようとする場合もあります。
そんな時、警備服にも一定の効果があり、きちんとした警備服とドライバーが認識しやすい道具を使い、毅然とした誘導を行うことで歩行者が安全に通行でき、現場でも安心して作業ができます。工事現場だけではなく、大型店舗の駐車場や立体駐車場の車両交通警備、イベント会場での歩行者交通警備など、さまざまなシーンで警備に関する知識を持った交通誘導警備が活躍しています。長期の現場契約、短期の契約もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
電話を掛ける(052-912-4646)