MENU

電話受付 平日9:00~18:00

052-912-4646電話番号タップで発信できます。

コラム一覧

COLUMN
警備員あるある 

警備員が取得すべき資格とキャリアアップ方法とは?

これから警備員として働こうと思っている方の中には「資格を取ってキャリアアップしたい」「収入アップに繋げたい」という方もいるでしょう。
この記事では、警備員が持っていると有利な資格の種類や取得方法について紹介します。

 

キャリアアップに役立つ警備員の資格とは

警備員が持っているとキャリアアップや収入アップに有利な資格は3種類あり、いずれも国家資格です。
まずはそれぞれの資格について説明します。

警備業務検定

警備業務検定は、1号業務や2号業務など警備業務ごとに6種類の検定に分かれており、どの検定にも1級、2級があります。

  • 施設警備業務検定
  • 交通誘導警備業務検定
  • 雑踏警備業務検定
  • 貴重品運搬警備業務検定
  • 核燃料輸送警備業務検定
  • 空港保安警備業務検定

施設設警備員として働くのであれば「施設警備業務検定」交通誘導警備員として働くのであれば「交通誘導警備業務検定」を持っていると有利でしょう。

警備員指導教育責任者

警備員指導教育責任者は、警備員の指導や教育を行うための資格で、3年以上の実務経験が必要です。
1号業務や2号業務など、警備業務の内容によって4種類の区分があり、希望する業務に応じた区分の講習を受けてから、試験(修了考査)に合格すれば取得することができます。
講習では、警備に関しての基本事項や警備業務に関連する法令、警備員に対する教育および指導に関する事項も学びます。

機械警備業務管理者

人ではなく機械を使用して警備をする機械警備業務を行っている営業所には、必ず機械警備業務管理者の資格を持っている人を配置する必要があります。
施設に設置されている警備装置を管理するなど、業務内容はさまざまです。
機械警備業務管理者の試験には受験資格がないので、警備業法第三条の警備要件に該当していなければ、基本的には誰でも受検可能です。

 

警備員としてキャリアアップを目指すなら

警備員としてキャリアアップを目指すなら「警備業務検定1級」と「警備員指導教育責任者」の資格を持っていると良いでしょう。
さきほど紹介しましたが、どちらの資格も業務内容によって分けられているのが特徴です。
一般的に、交通誘導警備員としてキャリアアップしたい場合には「交通誘導警備業務検定1級」と「2号業務の警備員指導教育責任者」を取得すると有利です。

警備業務検定1級に合格するには

警備業務検定1級に合格するためには、まず「警備業務検定2級」に合格する必要があります。
警備業務検定2級に合格後、1年以上該当の警備業務に従事すると、警備業務検定1級の講座を受講し試験を受けることができます。
個人で受検することも可能ですが、警備会社に入社してから会社を通して団体で受検する方法が一般的です。

警備員指導教育責任者の資格を取得するには

警備員に指導や教育を行うために必要な「警備員指導教育責任者」の資格を取得するためには、直近5年のうち、取得する内容の警備業務に3年以上従事している必要があります。
さらに、取得する内容の「警備業務検定1級」に合格しているか、または「警備業務検定2級」に合格後、1年以上継続的に該当の警備業務に従事している必要があります。

セキュリティスタッフは警備員の資格取得をサポート

セキュリティスタッフでは、キャリアアップのための「資格取得支援制度」を設けています。
「資格取得支援制度」とは、警備に関する資格を会社負担で取得できる制度です。
「資格取得にチャレンジしたいけど費用が不安」という方も、安心して取り組んでいただけますよ。
また、試験は通常、愛知県内の警備業協会で受けることになりますが、受験枠が少なく一度の試験で1~2名しか受けられずチャンスが少ないのです。
そこで、セキュリティスタッフは全国の警備業協会に申し込み、一度の試験で多くの方が受験できるようにしています。
全国どこで受験しても受験費用だけでなく旅費も会社負担です。
さらに、社内で毎週勉強会を開催しており、合格率が高いのもポイント。

キャリアアップに必要なこと

セキュリティスタッフでキャリアアップするためには、資格の取得を推奨はしていますが必須ではありません。
一般の隊員からキャリアアップして隊長になると、やりがいや収入も増えますが、仕事と責任も増えます。
そのため、資格の取得よりも、人をまとめる力やリーダーとしての素質、仕事への前向きな姿勢を重視しています。
隊長については【警備員の隊長にはどうすればなれる?隊長になるメリットは?】こちらの記事でも紹介しています。

まとめ

警備員としてキャリアアップを目指すなら「警備業務検定1級」と「警備員指導教育責任者」の資格を持っていると良いでしょう。
個人でも受検することができますが「資格取得支援制度」を設けている警備会社に入社してから挑戦するほうが、費用面や学習面でも安心ですよ。
もちろんセキュリティスタッフでも「資格取得支援制度」を設けています。
資格取得に興味がある方は、ぜひ一緒にチャレンジしましょう。

こんな記事も見られています

セキュリティスタッフ求人エントリー特設サイト

対応エリア

愛知県(名古屋市)・岡崎市を拠点に
愛知県全域・岐阜県・三重県の一部に対応してます。

  • 愛知(名古屋)
  • 春日井市
  • 小牧
  • 豊山
  • 犬山
  • 大口
  • 丹羽
  • 扶桑
  • 江南
  • 岩倉
  • 一宮
  • 春日
  • 北名古屋
  • 稲沢
  • 清洲
  • 甚目寺
  • 大治
  • 七宝
  • 蟹江
  • 美和
  • 飛島
  • 海部
  • 弥富
  • 津島
  • 愛西
  • 尾張旭
  • 瀬戸
  • 長久手
  • 日進
  • 東郷
  • 三好
  • 三河
  • 豊田
  • 豊明
  • 大府
  • 東浦
  • 東海
  • 刈谷
  • 知立
  • 知多
  • 阿久比
  • 常滑
  • 半田
  • 高浜
  • 武豊
  • 美浜
  • 南知多
  • 安城
  • 碧南
  • 西尾
  • 一色
  • 吉良
  • 幡豆
  • 幸田
  • 額田
  • 岡崎
  • 蒲郡
  • 豊川
  • 豊橋
  • 新城
  • 小坂井
  • 宝飯
  • 田原
  • 岐阜県/三重県/静岡県

※その他の地域もお気軽にご相談ください。

Copyright © 名古屋の警備会社 セキュリティスタッフ株式会社 交通誘導 駐車場整理 ガードマンならお任せください All rights reserved.